デリケートゾーンの脱毛について

HOME > デリケートゾーンの脱毛について

デリケートゾーンの脱毛について

デリケートゾーンは、施述の痛みが大きい部位です。新宿のクリニックでは医師の判断のもと、麻酔クリームなどを処方してもらえますので安心です。ここでは、痛みが強いと言われるデリケートゾーンの脱毛について紹介していきます。
1. なぜデリケートゾーンの脱毛は痛いの?
医療レーザー脱毛は、黒い色に反応する強い光を当てることで毛乳頭を熱で破壊し、再生できなくすることで、永久脱毛しています。そのため、施述の痛みは毛の濃さに比例します。もともと毛が生えていたところは、毛根の数も多いため、受けるダメージも大きいのです。自然と生えてくる毛ですから、人工的に生えなくするのは、大変ということですね。
2. 痛みはガマンするしかないのか
痛みを、我慢する必要は特にありません。医療レーザー脱毛は、美容領域の治療のため保険適用外ですが専門医による医療行為です。痛みが激しい場合は、医師の判断で麻酔を処方してもらえます。麻酔の種類も、注射による麻酔だけでなく、麻酔クリームと呼ばれる注射をしない麻酔もあるので、痛みに敏感な方でも、医師に相談することで安心して治療を受けられます。
3. 肌のトラブルにも医師がしっかり対応
もしもの場合でも、医療レーザー脱毛は、専門医と、医療従事者が、万全のフォローをしてくれるので、レーザーによる炎症があった場合は、それにあった治療に当たりますし、抗生物質なども処方できるので、とても安心です。